西宮 大阪 ダイエット 足痩せ

京橋・西宮・枚方で【美脚、ヒップアップ、足痩せ】なら自身みなぎるキレイなカラダ作り専門パーソナルトレーナー田中祐樹

もう情報にダマされない!#206

 


京橋・西宮・香里園でパーソナルトレーニングをお探しでしたら、足痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーナーの田中祐樹にお任せください。 「健康的に引き締まったカラダ作り」をテーマに、ただ細くなるだけでなく、美しいカラダ作りの為の効果的なトレーニングを指導させていただきます。大阪市内はもとより京橋、西宮、香里園から遠くの方からもお越しいただいてます。 今年こそ本気でカラダを変えて美しくなりたい方でしたらいつでもお待ちしています。お気軽にお問い合わせください

寒くなったり、温かくなったりと気温の変化が大きいです。

体調などを崩さないようにお気を付けください。

 

嘘の情報があふれています

貴方がダイエットをする時

足痩せしたい!

ヒップアップしたい!

となったら様々な所から情報を集めると思います。

 

雑誌、本、インターネット

またはフィットネスクラブのインストラクターなど

 

その中の多くは、昔はそう言われていたけど今では違っている事。

意味を間違って伝えている事。

そもそもが嘘な事。

 

などが数多くあります。

 

その中でも田中がいつも気になっている事が2つあります。

その事についてお伝えさせていただきます。

free24

 

スクワットは膝が前に出てはいけない??

聞いた事ありませんか??

スクワットする時の注意点として

『つま先より膝が前に出ないようにしてください。』

と言われませんか??

雑誌などにも書いています。

 

何故でしょう??

 

膝を痛めるから??

 

 

正しくやると膝はつま先より前に出ます。

膝が3分の1以上出るのは出すぎかと思いますが、それまでなら問題ありません。

お皿と呼ばれる、膝蓋骨と呼ばれる骨は前に出ます。

 

足関節(足首)、膝関節、股関節をしっかり動かせば自然に膝は前にでます。

恐らくその解釈の仕方がどこかで勘違いされて伝わったのではないかと思います。

 

つま先より前に膝が出ないようにすると、足首があまり動かず、上体も起き上がったままの姿勢になります。

目線が正面や上を見る形になります。

 

正確な動作でスクワットをすると目線も斜め下の方向へ向きます。

目線が正面や上を見ていると、それは腰をメインに使ってスクワットを行っている事になります。

そのような姿勢になると腰に負担がかかります。

 

スクワットは非常に優れたトレーニングです。

ですが、スクワットをすると

 

膝を痛める・腰を痛める・足が太くなる

といったネガティブな意見を多く耳にします。

それは全て貴方のフォームに原因があります。

 

つま先より膝が前に出ないという事より

膝が内側に入らない事腰が反らない事の方が大事だと思います。

体幹トレーニング

これも意味が広義になり過ぎていて意味が分からなくなっていませんか??

最近は流行りという事もあり、何でもかんでも【体幹】という言葉が付きます。

スポーツ中継を見ていても、この単語を出せばいいと思っている解説者もいますね。

 

腹筋ととらえているものもありますが、腹筋(コア)は体幹の一部に含まれているだけです。

 

教科書的な解釈で【体幹】をお伝えすると

手足と首から上を除いた部分 

です。

 

「今月は体幹のトレーニングをします。来月は背筋をメインにトレーニングします。」

という指導者がいました。

あきれましたね。背中は体幹ではないのか??と聞きたくなりました。

「コア。すなわち体幹を鍛えます。」と言う方もいました。

 

もう一度お伝えしますね。

【体幹=コア((腹筋)】ではありません。

 

体幹のトレーニングでよく取り上げられる種目に【プランク】があります。

【フロントブリッジ】と書いているものもありますね。

core01

このようなトレーニングです。

これをすると筋力を鍛える事にはなると思います。

しかし、これができるからといって一般的に言われる『体幹が強い』という事にはなりません。

手足が完全に固定されちゃっているんですね。

そしてこれは身体を固定しているんです。

 

身体は固定してはいけません。

手足を自由に動かす事ができる状態で、体幹部分やコアを安定させる事が重要になります。

文章で表現すると難しいですね。

 

また体幹トレーニングの紹介をしている中で、不安定な足場などでトレーニングする事が取り上げられます。

あれのほとんどもただのバランストレーニングです。

田中のトレーニングでも不安定な足場でトレーニングする事はあります。

ですが、最終的なゴール地点は安定している足場で動作を行う事を目的としています。

 

【不安定な場所でのトレーニング = 体幹トレーニング】というわけでもありません。

 

身体を自由に動かすために行う事ですので、カッチカチに固定してしまわないよう注意してください。

 

 

スクワットの指導方法や、体幹という定義についてどう考えているか。という部分でそのトレーナーの技量もわかってきます。

 

 

スクワットや体幹トレーニングについては、また機会を改めて細かくお伝えさせていただきますね。

 

 

本日も最後までありがとうございます。

 

型崩れしない一生モノのパンツスタイルをつくりあげる

美ボディシルエットメイクトレーナー

 

足痩せ・ヒップアップ専門のパーソナルトレーニングは

ティップネス京橋(大阪市都島区)

ティップネス香里園(大阪府寝屋川市)

グンゼスポーツクラブポートウェーブ西宮(兵庫県西宮市)

グンゼスポーツクラブウェル枚方(大阪府枚方市)

にて実施しています。

 

詳しくは

お問い合わせフォーム

よりお願いします。

※24時間以内に返信がない場合は届いていない場合があります。申し訳ありませんが再度送信お願いします。

また、受信設定をしている方は

nbmtanaka530@gmail.comからのメールを受け取れるようにしておいてください。

 

 

タグ :          

スタジオレッスン ダイエット 姿勢 考え方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る