ダイエット 大阪

大阪:京橋・枚方 ダイエット・脚やせ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング

【美脚】やり方ひとつで大違い#393【ヒップアップ】

 


いつもありがとうございます。

大阪の京橋・枚方で活動しています。

脚やせ・ヒップアップ専門

美ボディシルエットメイクトレーナー

田中祐樹です。

 

仕事やプライベートが充実していて

日々忙しいアナタなの為に

トレーニングは週1回

過度な食事制限も必要の無い

美脚トレーニングを指導しています。

 

 全てはやり方

テレビやネットに溢れている様々な情報

これは疑った方がいいよ。

という事を先日記事にしました。

 

それでも

脚やせやヒップアップのトレーニング

代表的なものといえば

スクワット

FREE75

デッドリフト

 IMG_1590

が挙げられます。

 

雑誌などにもよく取り上げられますね。

これには異論はありません。

 

とは言っても

【これで脚やせ・ヒップアップを実現】

【これで下半身が引き締まりますよ!】

とテレビや雑誌、インターネットで見つけた

またはスポーツクラブで教えてもらった。

 

そのトレーニングをしたのに

太もものサイズが変わらない。。。

お尻が引き上がらない。。。

むしろ、下半身がたくましくなった。。。

 

という経験ありませんか?

 

それはトレーニングが悪い訳ではありません。

アナタのやり方が間違っていたんです。

周りに

正しいやり方を知っている人がいなかっただけ

正しい方法を教えてくれる人がいなかっただけ

なんです。

 

スポーツクラブに通っている方であれば

間違ったフォームのまま教えるスタッフ

間違いに気付かないスタッフ

と巡り合ってしまっただけなんです。

 

スクワットやデッドリフト

このトレーニングでも他でもそうですが

取り組み方によって効果が変わります。

 

これはやり方という意味もありますが

指導の仕方によっても変わります。

 

たとえばデッドリフトでも

膝を曲げるのか伸ばすのか

上から重りを下すのか、下から上げるのか

上体を倒すのか、お尻を下げるのか

などなど

意識の持たせ方によって

アナタが得る事のできる効果は変わります。

 

少しだけ変わるというよりは

その効果は大きく変わります。

 

ちなみに

腰だけで頑張って行うか

身体全体を使って行うか

これによっても効果は大きく変わります。

 

スクワットにしても同じです。

 

・脚幅

・つま先の方向

・膝の方向

・お尻を下げる深さ

・上半身の姿勢

・目線の方向

特に考えずに書き出しただけで

これだけの注意点があります。

 

このどれが一つでもズレてしまう

そうすると望んだ結果になりません。

 

太ももを引き締めたいトレーニング

場合によっては頑張れば頑張るだけ

アナタの太ももが逞しくなってしまいます。

 

だからトレーニングにおいて

フォームが最も大切になってきます。

 

でも、フォームだけを意識しても

アナタのカラダのクセ

ここを無視すると難しいです。

 

膝が内側に入らないように

これを意識してスクワットをしようとします。

 

日々、アナタのカラダの動きが

膝が内側に入る動きを繰り返していたら

トレーニングの時だけ意識するのは

なかなか大変だと思いませんか?

 

なので、トレーニングを行うときに

筋肉のバランスなどを調整して

膝が内側に入らないように準備します。

 

その状態でトレーニングを行うと

膝が内側に入りにくくなってきます。

 

動かしながら筋肉のバランスも整えるので

徐々に日常生活でもクセが変わります。

膝が内側に張入りにくくなるんですね!

 

この動きが解消されることによって

アナタの下半身が引き締まる事になります。

 

効果があるのかないのか、よくわからない

そんなトレーニングを日々続けていませんか?

 

動かさないよりかはマシ

と思って漠然と続けていませんか?

 

ぶっちゃけ

時間とお金を無駄にしちゃってます。

 

正しい方法で効果的なトレーニングを行って

キレイで引き締まった下半身

これを手に入れましょう!

 

頑張るアナタを応援しています。

最後までありがとうございます。

 

脚痩せ・ヒップアップ専門の

パーソナルトレーニングは

ティップネス京橋

グンゼスポーツクラブ枚方

にて実施しています。

 

 

トレーニングは週に1回

過度な食事制限も必要がない

仕事もプライベートも充実していて

忙しいアナタの為の美脚トレーニング

 

トレーニングのお問い合わせ

ご質問などもコチラから受け付けています。

バナー

24時間以内に返信が無い場合は

届いていない場合はあります。

申し訳ありませんが

再度送信をお願いします。

 

またメールの受信制限をされている方は

nbmtanaka530@gmail.com

からのメールを受け取れるよう

設定をお願いします。

 

またLINE@も開設しています

お得なトレーニング情報を発信する予定です。

登録は下記のQRコードからお願いします。

31131000_632243897121373_6122673345864400896_n

 

タグ :          

ダイエット トレーニングについて 姿勢 考え方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る