ダイエット 大阪 脚やせ

大阪でのダイエット【脚痩せ・ヒップアップ専門】のパーソナルトレーナーなら田中祐樹

【脚やせ】しんどいから痩せるでは無い#317【ヒップアップ】

 


京橋・西宮・香里園でパーソナルトレーニングをお探しでしたら、足痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーナーの田中祐樹にお任せください。 「健康的に引き締まったカラダ作り」をテーマに、ただ細くなるだけでなく、美しいカラダ作りの為の効果的なトレーニングを指導させていただきます。大阪市内はもとより京橋、西宮、香里園から遠くの方からもお越しいただいてます。 今年こそ本気でカラダを変えて美しくなりたい方でしたらいつでもお待ちしています。お気軽にお問い合わせください
いつもお読みいただきありがとうございます!

脚痩せ・ヒップアップ専門のパーソナルトレーナーです。

 

大阪府/京橋・枚方・香里園、兵庫県/西宮にて活動しています。

型崩れしない、一生モノのパンツスタイルを作り上げる

美ボディシルエットメイクトレーナー 田中祐樹です

きつい運動=痩せる?

free18

ダイエットをする

特に体重を落としたい場合の基本は何年たっても変わらないと思います。

 

摂取カロリー < 消費カロリー

 

食べたエネルギーより、一日で消費したエネルギーが多ければ痩せる。

それは運動だけじゃないです。

仕事してても消費します。

生きてるだけでエネルギーは使われています。

 

その消費カロリー

ほとんどは基礎代謝が占めています。

 

運動のカロリー消費はそんなに大きくありません。

 

体重50キロの人が30分走っても250kcalほどしか消費しません。

お茶碗にご飯1杯分ぐらいですかね。

 

それなら毎食のご飯をちょっとずつ減らす方が簡単です。

毎日走るのは大変ですが、その方が続きますよね?

1食まるまる減らすのは大変ですが、トータルで減らせばやりやすいです。

 

それに数年前から高強度のトレーニングも流行っています。

一言でいうと

めっちゃシンドいトレーニング

です。

 

これもさっきのランニングに例えると

それだけではそんなに大幅に痩せないと思います。

なぜ流行ったの?

トレーニングをやった感

が出るからだと思います。

しんどい事をやり切ったって感じですね、

 

そのようなトレーニングを提供している施設も

結局は食事指導

がメインとなります。

 

きつい事をしてても、食事を変えないとだめですよ~!

って事です。

 

ダイエット=頑張る

頑張った達成感

もありますね。

 

そして

高強度のトレーニング指導

マニュアルさえ作ってしまえば

誰にでも指導出来ちゃいます。

 

追い込むだけなら誰でもできる

 

という事です。

これは私の師匠も言ってました。

 

体重を落としたいなら、この方法もありだと思います。

でも

カラダのラインをきれいにしたい!

太ももをすっきりさせたい!

引きあがったお尻を作りたい!

というような目的があれば、違う方法をお勧めします。

 

まとめ

『しんどいこと』=『痩せる』

というイメージを変えましょう。

 

体重を落とすだけなら、しんどい事も必要だと思います。

ですが、きれいなボディラインを作りたいなら

しんどい事だけではなく、無駄のない動きを心掛けましょう。

 

本日も最後までありがとうございます。

頑張る貴方を応援しています。

 

トレーニングに興味を持たれた方は下記よりお問合せください。

 

また、ご不明な点やご不安な点などについても

コチラのお問合せフォームをご利用ください

バナー

 

スマートフォン・携帯電話のドメイン設定をされている方は

nbmtanaka530@gmail.comからのメールを受信できるよう設定をお願い致します。

24時間以内に折り返しメールがない場合、お手数ですが再度ご連絡ください。

お問い合わせフォームが利用できない場合は、メールにてお問合せください。

 

型崩れしない一生モノのパンツスタイルをつくりあげる

美ボディシルエットメイクトレーナー

img_1587

足痩せ・ヒップアップ専門のパーソナルトレーニングは

ティップネス京橋(大阪市都島区)

【月曜・水曜・土曜】

ティップネス香里園(大阪府寝屋川市)

【金曜日(一度お問合せください)】

グンゼスポーツ西宮(兵庫県西宮市)

【火曜日】

グンゼスポーツ枚方(大阪府枚方市)

【水曜日】

にて実施しています。

 

バナー

 

※24時間以内に返信がない場合は届いていない場合があります。

申し訳ありませんが再度送信お願いします。

 

タグ :          

ダイエット トレーニングについて 考え方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る