ダイエット 大阪

大阪:京橋・枚方 ダイエット・脚やせ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング

【美脚】スポーツクラブの問題点#399【ヒップアップ】

 


いつもありがとうございます。

大阪の京橋・枚方にて活動している。

脚やせ・ヒップアップ専門

美ボディシルエットメイクトレーナー

田中祐樹です。

 

仕事やプライベートが充実していて

日々忙しいアナタの為に

トレーニングは週1回

過度な食事制限も必要のない

美脚トレーニングを指導しています。

 

入会キャンペーン

free19

この季節は毎年やっていますね。

新年の入会キャンペーン

大手のスポーツクラブはモチロン

最近流行りのマイクロジムでもやっています。

 

今は月末になっているので

駆け込み需要を狙ってますね。

どこのお店もラストスパートをかけてます。

 

いつも思う事があります。

キャンペーンの季節に入会して

手厚いフォローが受けられるのでしょうか??

 

答えはNOです。

 

スポーツクラブに初めて入る方

または以前通っていたけど、再チャレンジの方

自己流では無理だったので、ちゃんと習いたい方

 

その他にも目的は沢山あると思います。

 

マシンの使い方

効率のいい運動方法を知りたい方

 

その為にはカウンセリングを受けます。

その予約を取ろうと思っても

入会する人がめちゃ多いです。

 

そもそも予約がなかなか取れない。

 

なんとか予約が取れた

カウンセリングを受けた

後日、自分でトレーニングをする

 

入会者が多くてジムが混雑しています。

だから使いたいマシンが使えない。

 

教えてももらったマシンが空かない

 

だから仕方なくランニングマシンだけ使う

 

『面白くないな~。。。』

と思っていると、スタッフから

「●●のレッスン受けてみませんか?」

と勧められます。

 

黙々と1時間走るよりは

時間はあっという間に過ぎる

汗もかくので運動した気分になります。

 

毎週、スタジオレッスン中心になる。

 

3か月後

 

『あんまり体重かわらないな~。』

『でも運動辞めたら太るしな~。。。』

『マシンもよく分からないし…』

と今日もスタジオレッスンに参加している

 

こうなっている方

 

めちゃくちゃ多いんです。

 

アナタがなぜスポーツクラブに入会したのか?

 

その目的を忘れないでください。

 

キレイにカラダを引き締めたいんですよね?

 

ダラダラとスタジオレッスンに入っている

そんな無駄な時間は辞めましょう。

 

・ただカラダを動かしたい

・ジムで友達を作りたい

・汗かきたい

 

という目的なのであればOKです。

 

でも

●太ももを引き締めたい

●ヒップアップしたい

という理由であれば

効率的な運動を

必要な分だけ行いましょう。

 

時間が無くても大丈夫です。

 

 「週2~3回は運動したいですね。」

とジムスタッフからは言われます。

雑誌やテレビなんかでも言っています。

 

実は

週1回のトレーニングでも痩せます。

アナタのカラダはキレイに引き締まります。

 

肝心なのはやり方です。

 

 

追伸

ついでに爆弾をもう一つ

カウンセリングなどを担当するスタッフ

経験を積ませるために

新人が担当する事が多いんです。

 

それでもアナタは

『スポーツクラブのスタッフに聞けば大丈夫!』

と安心できますか??

 

本日も最後までありがとうございます。

頑張るアナタを応援しています。

 

脚痩せ・ヒップアップ専門の

パーソナルトレーニングは

ティップネス京橋

グンゼスポーツクラブ枚方

にて実施しています。

 

 

トレーニングは週に1回

過度な食事制限も必要がない

仕事もプライベートも充実していて

忙しいアナタの為の美脚トレーニング

 

トレーニングのお問い合わせ

ご質問などもコチラから受け付けています。

バナー

24時間以内に返信が無い場合は

届いていない場合はあります。

申し訳ありませんが

再度送信をお願いします。

 

またメールの受信制限をされている方は

nbmtanaka530@gmail.com

からのメールを受け取れるよう

設定をお願いします。

 

またLINE@も開設しています

お得なトレーニング情報を発信する予定です。

登録は下記のQRコードからお願いします。

31131000_632243897121373_6122673345864400896_n

 

タグ :          

スタジオレッスン ダイエット トレーニングについて 考え方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る