ダイエット 大阪

大阪:京橋・枚方 ダイエット・脚やせ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング

美脚は健康#479

 


いつもご覧いただきありがとうございます!

大阪の京橋・枚方にて活動している

脚やせ・ヒップアップ専門

美ボディシルエットメイクトレーナー

田中祐樹です。

 

日々忙しいアナタの為に

トレーニングは週1回

過度な食事制限も必要のない

美脚トレーニングを指導しています。

 

FREE31

 

カラダに負担がかかっています

 

太ももが太い人

お尻が弛んでいる人

 

その多くの人のカラダの動きは

歩く時や階段の上り降り、立ち座りの時に

膝が内側に入ってしまいます。

 

また腰も基本的に反り返っています。

 

美尻を作り出すとき

ヒップアップしていると見せようとすると

腰を反らせる人もいらっしゃいます。

 

でもその生活を続けていると

膝が痛くなったり

腰痛を引き起こします。

 

下半身が太くなって

膝や腰も痛くなったら嫌ですよね?

 

理想的な動きが美しい

 

膝が内側に入たり

反り腰になったりするのは

筋肉バランスが影響しています。

 

そのために

腰やふと腿の前や外側が強く

お腹や太ももの後ろや内側が弱いです。

 

何かトレーニングをしても

強いところに頼って動いてしまう為に

気になる部分は変わる事がなく

よりカラダのバランスが崩れてしまいます。

 

そのためにカラダのクセが強くなり

膝や腰への負担が増えます。

 

逆に

膝が内側に入らずに

反り腰にもならない生活をしていると

膝や腰への負担がかからない

つまり痛みとも無縁になります。

 

動きも綺麗なので

筋肉のバランスも保たれています。

その方のカラダのラインは美しく

太ももやお尻も綺麗に引き締まっています。

 

痛めるとトレーニングもできない

 

せっかく美脚や美尻を手に入れようとして

トレーニングを頑張っている。

 

なのに膝や腰を痛める方が沢山います。

 

『トレーニングしているし仕方ない』

と勘違いしている方もいらっしゃいます。

 

そんな事はありません!

 

正しい動きでトレーニングをしていれば

怪我をすることはありません。

 

そして膝や腰を痛めると

トレーニングを休んだり

トレーニングがイヤになりますよね?

 

しかも痛い部分をかばう事によって

余計に歩き方などが乱れます。

 

そうする事によって

アナタのボディラインは崩れてしまいます。

 

正しく行う事が大切

 

正しい動きでトレーニングする事

理にかなって動きで生活する事

 

これがアナタのカラダを美しくする方法です。

 

平成も終わり令和になっています。

いつまでも昭和からずっと続いている

間違ったトレーニング方法を辞めて

 

アナタのカラダが綺麗になり

そして健康的になるトレーニング

に切り替えましょう!

 

気になる部分だけでなく

足元から見つめなおすトレーニング

を行いませんか?

 

追記

 

ちなみに

歩く時に膝が内側に入る

反り腰になってしまう

 

という事を改善する為に

 

股関節まわりや

腰回りだけにアプローチしても

根本的な部分では変わりません。

 

足の指

足首

といった部分からアプローチが必要です。

 

広い目で見てあげてくださいね!

 

頑張るアナタを応援しています!

本日も最後までありがとうございます!

 

脚痩せ・ヒップアップ専門のトレーニングは

ティップネス京橋

グンゼスポーツクラブ枚方

にて実施しています。

 

トレーニングは週1回

過度な食事制限も必要のない

忙しいアナタの為の美脚トレーニング

 

気になった方はまずは体験トレーニング!

継続しないと意味がないので、

本格的にトレーニングを行うか

合わないから辞めておくか

体験してから決めてください。

 

2019年8月3日(土)現在の受付状況は

各曜日2名様ずつとなっております。

バナー02

申し訳ありません。

24時間以内に返信が無い場合は

再度連絡をお願いいたします。

コチラにメールが届いていない場合があります

 

またメールの受信設定をしている方は

nbmtanaka530@gmail.com

からのメールを受信できるようお願いします

 

またLINE@からもご予約いただけます。

QRコードよりご登録ください

31131000_632243897121373_6122673345864400896_n

 

タグ :         

ダイエット トレーニングについて 姿勢 考え方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る