ダイエット 大阪

大阪:京橋・枚方 ダイエット・脚やせ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング

低価格パーソナルのデメリット#693

 


大阪市内某所を歩いていてビックリしました。

 

 

パーソナルトレーニング6,105円

 

『1回6,000円か~!安いな~。』

と思ってみていたのですが

 

24時間ジム使い放題もついてくる!

 

と書いてありました。

 

ビックリしましたが

それ以上に呆れましたね。

 

パーソナルトレーニングに興味がある方に

よく言われる言葉の1つが

『料金が高い!』

という事です。

 

だから数年前から低価格サービスが出てきて

【低価格】

と打ち出すお店が増えています。

 

パーソナルトレーニングに興味あるけど…

って方には凄く魅力的な話です。

 

ですがちょっと待った!!

 

 

この低価格競争による

デメリットが大きすぎるので

今日はその視点から考えてみました。

 

日常生活で使う商品だったり

加工食品などであれば

大量生産する事によってコストが下がり

どんどん低価格にする事が可能です。

 

だから家計にも優しいし

外食でも手軽に済ませたい場合は

低価格を売りにするお店でも安心できます。

 

手の込んだ食事をしたい!

とか

一つ一つ丁寧に作った料理を食べたい!

となった時は

家での料理でもコストがかかってくるし

外食でも料金は高くなります。

 

 

パーソナルトレーニングの場合

 

この数年の価格競争の原因は

パーソナルトレーニングのブームによって

沢山のパーソナルジムが増えました。

それによるお客様の奪い合い。

 

という事になりますね。

 

たぶんどんな業界でも原理は同じです。

 

それにより

【地域最安値!】

とアピールしているお店があったり

【〇〇の安いオススメ人気ランキング】

というサイトが出来たりします。

 

パーソナルトレーナーはもちろん人間なので

大量生産はできません。

 

お店の売上は純粋に

お客様の人数で決まります。

 

客単価が下がると売上や利益が下がります。

 

利益が下がるやってしまいがちなのが

【安売り】

これしちゃうとジムにもアナタにも

メリットが全く無くなります。

 

 

このデメリットを

サービス面だけに絞ってお伝えします。

 

例えばトレーナーを数人抱えている

100人のお客様を抱えるパーソナルジム

 

よくある料金設定で

2カ月8回:32,000円

で営業していたジムがあるとします。

 

でも周りにも沢山お店ができて

会員数が少し減った

このまま減り続けるとお店が厳しい!

 

だから会員数を増やすために

2ヶ月8回:19,800円

とその地域最安値の料金設定にしました。

(実際この料金のお店は存在します)

 

それで会員数は増えましたが

経営はラクになりません。

 

なぜなら

 

32,000円の料金設定だったころは

100人いれば3,200,000円

2カ月の売り上げがありました。

 

19,800円にしたら

100人いても1,980,000円

しか2カ月で売上がありません。

 

お客様の人数が同じでも

売上が大きく変わりますよね。

 

値下げ前と同じ売上に戻すには

162人のお客様が必要です。

 

元々より62人多くなります。

 

お客様が62人増える事により

その人たちが月4回トレーニングに来ると

セッションは248回増えます。

 

人件費を増やすと利益が減るので

トレーナーの数を増やさずに営業すると

単純にトレーナーの仕事が増えますよね。

 

働いているトレーナーは忙しくなるのに

給料は全く変わりません。

 

今まで1人1人に丁寧に指導していても

忙しくなると丁寧にできなくなります。

 

今は特に感染予防の対策が必要なので

セッション前後の雑務も増えます。

 

こうなると気持ちに余裕がなくなります。

 

モチベーションも下がります。

 

この状況でモチベーションが上がる人

神だと思うので教えて欲しいです。

 

丁寧な指導が受けれなくなる以外でも

アナタに大きなデメリットが生じます。

 

経費削減しないといけないので

営業時間は同じ

トレーナーの人数も同じ

お客様の数は激増した

 

という事は

トレーニングの予約が取りにくくなります。

 

これだけでアナタのモチベーションも下がります。

 

モチベーションが下がると

ダイエットの効果も下がっちゃいます。

 

 

飲食店などでも同じ

 

低価格を売りにしている飲食店と

それなりの値段が必要な飲食店

 

サービス面で大きな差があります。

 

低価格にする事によるデメリットを

サービス面だけで例えてみましたが

まだ沢山のデメリットがあります。

 

 

もちろん技術面でも差があります

 

低価格の美容室に行ったとして

仕上がりがイマイチでも文句を言いにくい。

 

低価格の美容整形があったら

施術後などに不安を感じる。

 

という事はありませんか?

 

既製品のドレス

オーダーメイドのドレス

職人の手作業で作ったドレス

全て値段が違うし仕上がりも違います。

 

パーソナルトレーナーも同じです

 

低価格のパーソナルジム

または低価格のパーソナルトレーナー

 

安い事には安いなりの理由があります。

 

【地域最安値!】

などの言葉に釣られないようにしましょう。

 

 

ちなみに

アナタが良く行く飲食店が

急に値下げを実施したら注意です。

 

潰れてしまう可能性があります。

 

『値下げはアカンで!』

と教えてあげてくださいね。

 

そしてそのお店が好きなら

アナタ自身がお店に行く事はモチロン

お友達などにも紹介しましょう。

 

閉店してから

『あの店好きやったのに…』

とならないようにしてくださいね。

 

 

本日もありがとうございます。

頑張るアナタを応援しています。

 

 

緊急事態宣言中に限り

出張トレーニングの実施枠を拡大しています。

 

詳しくは

コチラの記事

をご覧ください。

 

トレーニングに関するお問い合わせは↓

 

LINE@でもお問合せいただけます。

 

 

女性にhappy・Healthy・Sexyを届ける

美ボディシルエットメイクトレーナー

田中祐樹

 

タグ :       

ダイエット トレーニングについて 考え方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る