ダイエット 大阪

大阪:京橋・枚方 ダイエット・脚やせ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング

トレーニングはコントロール#606

 


留守新型コロナウイルスの影響で

東京では感染者が一挙に増えて

全国的に週末の外出自粛要請が出ました。

 

芸能界でも志村けんサン

スポーツ界でも阪神の選手3名

本日は難波の高島屋でも

感染者が出ていますね。

 

週末の外出の制限するより

平日の電車移動に制限をした方が

対策としてはいいように感じます。

 

満員電車が苦手なので

普段からあまり混んでる電車には乗りません。

先日、電車のチョイスを失敗した所

ほぼ満員の電車に乗り込みました。

 

時差通勤やテレワークを推奨してても

これだけ密集した電車に乗って

沢山の人が毎日移動していると

週末の外出を控えたり

大規模イベントを中止しただけでは

感染の抑え込みは厳しいだような?

と率直に感じました。

 

田中は自分がウイルスに感染していても

周りに伝染さないよう気を付けています。

 

でも街中にいる人たち

全てがそうではありませんよね?

 

奥に電車では周りにどんな人が来るのか

全く想像できません。

 

それでも生活する為には

仕事に行くしかないですもんね。

 

今の日本の事を極端に表すと

政府の言っている事は

感染拡大の防止に仕事を辞めろ!

でも休んだ分の保証は国ではしません!

と言われている状態です。

 

めちゃ極端ですがこうです。

 

その結果

多くの飲食店

イベント会社などが大変な事になっています。

 

アナタが務めている会社も

いつそうなってしまうかわかりません。

そうなった時の準備は

行っておいた方がいいかもしれませんね。

 

何もない事が一番ですが

最悪の事態は想定しておいて

損はないと思います。

 

めっちゃ思い内容の事ばかり

冒頭から書き続けてしまいました。

 

脚痩せやヒップアップがしたいけど

スポーツクラブに通ったり

パーソナルジムに通う事に

抵抗がある方が多いと思います。

 

では

運動するなら家で出来る事をする

という人が増えていると思います。

 

その場合は各SNSを使って

トレーニングの動画を利用する

という方が多いのではないでしょうか?

 

そのトレーニング動画を見た時に

田中が残念に思う事があります。

 

例えばスクワットの動作をする時

しゃがむ動作と

 

起き上がる動作のスピード

 

これが同じだったり

しゃがむ時のスピードが早かったりします。

 

トレーニングの効果を得たいのであれば

ゆっくりしゃがむ事が大切です。

 

ですがほとんどの動画は

しゃがむ特は無意識に行っていて

上がる時だけ意識しています。

 

実はこれはあまり意味ありません。

トレーニングの効果をしっかり出すには

しゃがむ時にコントロールする事

これが大切なんです。

 

これはどんなトレーニングでも同じです。

腕立て伏せをするにしても

 

肘を曲げる時はゆっくりして

カラダを持ち上げる時は素早く

という事が大切です。

 

極端な事を言えば

ゆっくり肘を曲げれば

カラダを起こせなくてもOKなんです。

 

多くの方は逆の意識でやっています。

 

ジムで筋トレのマシンを使う場合でも

重りを持ち上げるより

降ろすときにコントロールする

こっちをしっかり意識してくださいね。

 

そこを意識するだけでも

同じ回数を繰り返していても

トレーニングの効果は大きく変わります。

 

この方がトレーニングはきつくなりますが

効果的には抜群ですので

自分に負けない程度に頑張ってくださいね!

 

本日もありがとうございます。

新型コロナウイルスの

一日も早い終息を願っています。

 

手洗い・うがい・消毒して自己防衛

しっかり寝て

しっかり食べて

運動して

免疫力も上げておきましょう!

 

 

美ボディシルエットメイクトレーナー

田中祐樹

 

【運動難民救済企画】

ストレス発散の為に運動したいけど

スポーツクラブがお休み

スポーツクラブは営業しているけど

スタジオレッスンが休止中で

何をしたらいいかわからない。

 

というお声をいただいた為に

【運動難民救済企画】として

通常60分11,000円のセッションを

60分2,200円にて実施しています。

 

場所はティップネス京橋

(会員外の方もご利用いただけます)

受付は3月31日(火)までです。

 

↓↓トレーニング申込は下のバナーをクリック↓↓

 

↓LINEでのお問い合わせはコチラ↓

 

対応はしっかり行っておりますので

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

タグ :         

トレーニングについて 考え方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る