ダイエット 大阪

大阪:京橋・枚方 ダイエット・脚やせ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング

体重減=ダイエットではないです#677

 


『体重をあと〇キロ落としたい!』

とダイエットをする時に気にしがちです。

 

 

『△キロになりたいんです!』

『◆◆さんは☆キロみたい!』

という事も目標にしますよね!

 

定期的にお伝えしている気もしますが

体重はただの数値です。

 

同じ身長や体重でも

アナタとAさんの体型は違います。

 

例えばボクシングやレスリング

試合に出るには決められた体重があります。

 

試合当日、または試合前日に

体重測定があります。

 

その時に

契約した体重以下にする必要があります。

 

とにかく体重が落ちていればOKです。

 

だから最後の数日は

まともなご飯も食べないし

お水も飲まない人もいます。

 

それは体重をクリアさえできれば

後は体重が戻ってもOKだからです。

 

たいたい5キロ前後増えますが

凄い人だと10キロぐらい増えます。

 

1日で増えちゃうんです。

 

それだけカラダの中が空っぽなので

スグに体重が増えるんですね。

 

55キロ以下と決められた試合で

試合中は65キロぐらいあるのはどうなん?

って話はここでは置いときますね。

 

ボクシングやレスリングなど

体重制限のあるスポーツ選手がやっている事

これは減量なんです。

 

減量とダイエット

特にキレイに引き締める事

に関しては全く違うモノなんですね。

 

それでも仕方ないかもしれませんが

日本の社会はまだまだ体重に拘りがちです。

 

目立つ広告などを見てみると

【1カ月でマイナス10キロ】

のようなモノが多いですよね。

 

アナタも

『1カ月でそんな痩せたん!?』

と、ついつい反応しがちです。

 

体重はただの数字です。

 

これは年齢も同じ。

 

体重に拘る人は

マイナス5キロという目標を達成しても

思っていた体型とは違う結果になるので

●さらに体重を落とそうとして無理をする

●諦めてリバウンドする

という事になってしまいます。

 

さらに体重を落とそうとして無理をすると

無理な食事制限などをしていても

体重が落ちなくなってしまいます。

 

するとドンドン食べなくなってしまい

健康に害が出てしまうし

美容面にも弊害が出てしまいます。

 

結局は諦めてしまったり

拒食症などのキッカケにもなります。

 

体重を気にしないようにして

【見た目】

をキレイに引き締めるようにしましょう!

 

意外と街中にいる人でも

『あの人のカラダのラインキレイやな~!』

とか

『さっきの人のカラダがキレイ!』

と思う人の体重は軽くありません。

 

アナタが思っている体重より上です。

 

メチャ食べて、しっかりトレーニングすればOK!

 

という無責任な事は言いません。

 

 

体重よりも見た目が大事

 

という事は言い続けます。

 

体重を落とすだけ落とすと

健康とは程遠いガリガリのカラダになります。

 

もちろんお尻もペッタンコになるし

太ももも細いけどプニプニです。

 

美尻や美脚でもありませんよね。

 

健康的に引き締まったカラダ作り

 

アナタをもっとキレイにする為に

この考え方が必要です。

 

【マイナス〇キロ実現させます‼】

のような広告は魅力的ですが

その言葉に惑わされないようにしてくださいね。

 

ぶっちゃけ

体重を減らすだけのトレーニング指導の方が

キレイなカラダを作る指導より簡単です。

 

頑張ってくださいね。

 

ご質問などはお気軽に

お問合せフォーム

よりご連絡ください。

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大が

一日も早く収まる事を願っています。

 

美ボディシルエットメイクトレーナー

田中祐樹

 

 

11月30日(月)21:00~

YouTubeでのトレーニング配信を行います。

今回で2回目の出演です。

 

100日後に痩せる芸人

ふるさとアスリートが教えるダイエット

 

↓こちらで配信します↓

よしもとスポーツチャンネル

 

生配信ですが、後日視聴も可能です。

 

番組の構成上、体重測定を行っていますが

田中の指導は体重無視の指導です。

 

その事についてもまた書きますね!

 

前回の様子はコチラから視聴できます。

ダイエット43日目

 

 

 

タグ :         

ダイエット トレーニングについて 考え方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る