ダイエット 大阪

大阪:京橋・枚方でのダイエット【脚やせ・ヒップアップ専門】パーソナルトレーニング

ダイエットや美脚の為の体幹の使い方#401

 


いつもありがとうございます!

脚やせ・ヒップアップ専門

美ボディシルエットメイクトレーナー

田中祐樹です。

 

大阪の京橋や枚方にて活動してます。

 

トレーニングは週に1回

過度な食事制限も必要無し

忙しいアナタの為の美脚トレーニングです。

 

体幹トレーニング

根強い人気ですね。

本屋さんでも

【体幹○○】という本と

【糖質カット○○】という本が

目立つところに沢山並んでいます。

FREE45

 

その体幹トレーニング

間違った認識で広まっていますね。

 

ここでもたまに取り上げています。

 

今回はもう一度掘り下げてみますね!

 

【体幹=腹筋】ではない

 

一番勘違いしやすい所ですね。

 

腹筋だけを指して『体幹』と広まっています。

 

FREE20-2

『体幹』はこの部分です。

手足と首から上を覗いた胴体です。

だからお腹だけでなく

胸も背中も腰も『体幹』です。

 

脚痩せやヒップアップに体幹が大切

という事については同意します。

 

でも体幹だけが大切って訳ではないんです。

その使い方が大切になってきます。

 

よくインストラクターなどが

『体幹に力入れて~!!』

『体幹固めて!!』

『体幹意識して!!』

とレッスンなどで言っています。

 

また、スタッフのパーソナルなどで

同じように案内している事を見ます。

 

その体幹といって指示している部分

もちろん腹筋です。

 

同じような案内をする場合、

田中は『お腹を意識して!』

と言います。

お客様によっては

【コア】という名称を使います。

 

違いが分かりますか??

 

では今から簡単な実験をしましょう。

 

トイレまで歩いて行って戻ってきてください。

この時に体幹に力を入れて行きましょう。

アナタの思う体幹でOKです。

 

帰りはお腹周りを意識するだけでOKです。

 

ではどうそ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうですか?

 

違いがわかりましたか??

 

体幹に力を入れて!

という意識だと

体中に力が入って歩きにくくなりませんか?

 

肩や首なども固まるので、

ロボットみたいになります。

 

動きを制御するために行っているのに

動きにくくなったら意味ありません。

 

お腹を使って固めるのでは無く

カラダをコントロールする事が大切です。

 

その感覚の違いを聞いてみるのもいいかもしれません。

 

最初にもお伝えしましたが

体幹ってどこでしょう?

 

お腹???

 

違いますよね?

 

お腹も体幹の一部ですが

 

背中

も含まれます。

 

簡単に表すと胴体全です。

 

たぶん多くのインストラクターなどは

体幹=お腹

という認識で指導しています。

 

トレビや雑誌なんかも同じ

 

だから

『体幹に力を入れて!』

と平気で言えるのではないかな?

と思います。

 

そもそも体幹がお腹としても

そこに力を入れて固めたら

動けませんよね??

 

お腹を中心として

上半身と下半身を自由に動かす事

これが大切です。

 

お腹は体を安定させるポジションです。

固めてしまうと自由な動きができません。」

 

体幹は美脚にどう大切なの?

 

ここまでくると感じますよね?

 

キレイに太もも引き締める

丸い形でお尻を高い位置に上げる

 

という目的を達成する為には

この【体幹】も非常に大切なんです。

 

美脚や美尻を手に入れる為

そしてキレイなボディラインの為には

歩き方が大切です。

 

日常生活での動作が関係しています。

 

その中で体幹の意識が抜けていると

歩き方も変わります。

 

アナタの太ももが細くならないのは

太ももが太くなる歩き方をしているから

 

それを太ももが引き締まる歩き方

に変える為には

体幹部分も意識して動作を安定させる

という必要があります。

 

お腹【コア】で身体を支えて

手足を自由に動かす必要があります。

 

歩く前段階として

その土台となっている立ち姿勢

これを理想の状態にして立ってもらうと

ほとんどの方は

『お腹がシンドイです。。。』

という感想を持ちます。

 

それだけ、日常生活ではお腹は無意識です。

お腹がさぼっているんです。

 

その結果

本来カラダが動かしたい方向

そっちに脚が動くのではなく

 

カラダをコントロールできていないので

違う動き方をします。

 

筋肉の使い方も変わってしまうので

変な所に筋肉が付いたり

使わない筋肉が増えて

 

内ももがタプタプになる

太ももの前や外側がパンパンに張る

お尻の張りがなくなってしまう

 

という結果に繋がります。

 

その歩き方や姿勢を無視して

どんなトレーニングを頑張ったとしても

アナタの脚は細くなりません。

 

気になっている部分だけを意識する

というトレーニング方法から

カラダからアプローチして

根本的な部分から変えるトレーニング

 

これが失敗しないダイエット方法です。

 

ちなみに

 

コア【お腹】の意識が抜けている

体幹が上手く使えない

歩き方などが乱れる

太ももやお尻に影響が出る

 

という事の延長線上に

腰や膝への負担が重なり

将来的に痛めてしまう可能性があります。

 

今のうちから変えておきませんか?

 

本日も最後までありがとうございます。

 

脚やせ・ヒップアップ専門のトレーニングは

ティップネス京橋

グンゼスポーツクラブ枚方

にて実施しております。

 

現在の募集は各曜日2名様ずつ

となっております。

 

ご質問などはお気軽にお問い合わせください。

バナー02

24時間以内に返信が無い場合は

こちらに届いていない場合があります。

申し訳ありませんが、再度お願いします。

 

またnbmtanaka530@gmail.com

からのメールが届くように設定をお願いします。

 

 

頑張るアナタを応援しています。

 

またLINE@もあります。

31131000_632243897121373_6122673345864400896_n

こちらより簡単にご登録いただけます。

 

タグ :          

ダイエット トレーニングについて 考え方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る