ダイエット 大阪

大阪:京橋・枚方 ダイエット・脚やせ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング

みんな東大目指しがち#689

 


『キレイにヒップアップしたい!』

『お尻を小さくしたい!』

『丸みのある大きなお尻になりたい!』

などなど

 

 

 

 

 

お尻を鍛えたいという人でも

その目的はさまざまです

 

●お尻を小さくする

という目的と

●丸みのある大きなお尻にする

という目的では

ゴールが違います。

 

ゴールが違うと

その道筋も変わるのですが

みんな同じ事をやりがちです。

 

ヒップアップのトレーニング

美尻のトレーニング

という情報を見つけては

目的地が違うのに同じ事をやります。

 

テレビなどでボディビル系の方が出ると

『あそこまではならなくていいわ~!』

言いながら、同じトレーニングをやります。

 

 

別の例えをしてみます

 

東大に行く気が無いのに

東大受験の勉強をしている

 

みたいなモノです。

 

 

またお尻を小さくしたいのに

丸みのある大きなお尻になるトレーニングを

頑張ってやっている場合は

 

外国語系の大学に行きたいのに

体育系の大学の受験対策をしている感じです。

 

成功する訳ないですよね?

 

でもトレーニングで考えてみると

みんなこの間違いを平気でやっています。

 

 

一緒の事をしてもダメ

 

小さいお尻を作る為には

お尻を小さくするトレーニング

 

丸みのある大きなお尻を作るには

お尻を大きくするトレーニング

 

がそれぞれ必要です。

 

【ヒップアップ】

とか

【美尻】

とかというワードだけで

同じトレーニングをしても

それは意味ありません。

 

アナタの目的によって

方法は細かく分かれています。

 

 

タイプ別のトレーニングが必要

 

アナタの目的が

【キレイにお尻を引き上げる!】

という事だとします。

 

一緒にトレーニングを頑張る友達

この方も目的が同じだとします。

 

すると

『目的が同じなんやから

トレーニングも同じでいいやん!』

と思いがちですが、違います。

 

目的が同じでも

それぞれの体型によって

取り組み方も変わります。

 

アナタとお友達

体型は違いますよね?

 

よく似た体型だとしても

カラダの動かし方の癖など

それぞれ特徴があります。

 

これを無視してトレーニングをしても

効果が違ってきます。

 

アナタにはしっかり効果が出ても

友達には効果がない場合もあります。

 

同じ目的地だとしても

スタート地点が違うと

やり方も変わりますよね?

 

同じ大学・同じ学科を目指していても

現時点での偏差値

過去問の点数

得意分野と苦手分野

それぞれに被害があるので

同じ勉強をすればいい訳ではありません。

 

アナタにはアナタへの課題

友達には友達の課題

 

それぞれ違います。

 

その課題を適切に行う事によって

大学に合格する事ができます。

 

【キレイにお尻を引き上げる! 】

といった目標でも同じです。

 

アナタの歩き方と友達の歩き方

これが違うだけでも課題は変わります。

 

個人個人にとって

有効的なトレーニングは変わります

 

これがヒップアップに効果的!

とか

美尻の最強トレーニング!!

 

という情報が沢山ありますが

全員に共通して効果的なトレーニングは無い

という事を知っておいてくださいね。

 

同じトレーニングでも

人によって意識するポイントは変わります。

 

アナタにとって正しいトレーニングで

理想のカラダを手に入れましょう!

 

 

頑張ってくださいね!

応援しています。

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大が

一日も早く収まる事を願っています。

 

 

現在実施中の出張トレーニング枠の拡大を

緊急事態宣言解除まで延長しております。

 

くわしくは

コチラの記事

をお読みください。

 

 

女性にHappy・Healthy・Sexyを届ける

美ボディシルエットメイクトレーナー

田中祐樹

 

トレーニングに関するお問い合わせは↓↓

 

LINE@でもお問合せいただけます。

 

タグ :         

ダイエット 考え方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る